第9期2年生 第2回「植木」

b0186729_12593533.jpg
第9期2年生、
素材を探訪する授業が本格的に始まりました。

6月17日(土)第2回目「植木」の授業風景のレポートです。
講師は川口通正建築研究所の川口通正先生です。
植木の町「川口市安行」をアチラこちらと歩いて植木について勉強します。

最初、駅前にて川口先生より今回のルートの説明と
せっかく授業として参加しているのだから
最低10種は樹木、下草の名前は覚えるようにとお題を課せられました。

まず初めに伺ったのが三朋緑化さん。ここは一般のお客さんも買いに来られるお店です。
樹木やお花について流行があることや昨今の業界の状況など、お話しを伺いました。

b0186729_12165646.jpg

途中、川口先生が手掛けられた家の住まい手さんも飛び入り参加され、
近くに住んでらっしゃるとのことで裏道を散策。

b0186729_12282307.jpg
b0186729_12285446.jpg

その後、2か所ほど、
生垣や竹の種類が多い植物園、樹木の販売所をめぐり、
お昼休憩。

お昼を食べた後、
植木について川口先生よりミニ講義。
高木、中木、低木、下草。ちょっとしたテクニック。植木屋さん用語。
などなど、
それぞれ興味深く感じた内容はそれぞれかと思います。
その中のひとつ、
1本の木を生かすため(根付かせるため)に3本植える。
ちょっとかわいそうだけど
メインの木の為に2本は枯れても良いと考え植えるテクニックだそうです。

b0186729_12313564.jpg
b0186729_12531437.jpg
b0186729_12585714.jpg
ミニ講義の後は、
庭に関する資材を扱う石屋さんへ
ちょっとした石を使うときのテクニックなども教えていただき、

最後は川口先生が設計された家へ。
最初の写真がその家の前で撮影させて頂いたものですが、
実際に今日みてきた植栽たちが、
どのように使われ生かされているか、
目で見て、
肌で感じることができたのではないでしょうか。

福田建築設計事務所/福田
一部写真/小野育代建築設計事務所/小野育代

[PR]
# by iezukuri-school | 2017-06-21 13:11 | 2年の授業風景 | Comments(0)

第9期 3年生 第2回「プランニング」後期

昨日、3年生「プランニング」後期の授業が行われました。
前期では最後に実際の敷地を想定した住宅2軒のプランを考える課題が出されていました。

後期では、まず各自自分の考えたプランについて発表して頂いた後、
計画する時に気を付けた点、難しかった点などをディスカッションしました。
その上で本間先生から各自のプランについてコメントを頂きました。

b0186729_16013030.jpg

みなさん同じ方向性で考えている傾向があり、他にも色々な考え方もできるという実例を
本間先生が今までに設計した住宅を基に解説して頂き、最後に本間先生が考えたプランも
解説して頂きました。階段の位置、サニタリーの設置階、動線等、プランを考える時の
ポイントについて、その後の懇親会まで熱い議論が交わされました。

理屈は分かっていても実際に手を動かしてみるとまとめるのはなかなか難しいものですが
数を重ねることで力をつけていくことが一番の近道という言葉を胸に
また次回の授業に繋げてもらえればと思います。

工藤夕佳/mokki設計室

[PR]
# by iezukuri-school | 2017-06-19 16:42 | 3年の授業風景 | Comments(0)

第9期 1年生 第1回「住宅設計とは」

528日(日)家づくり学校9期1年生がスタートしました。

皆さん、1年間、よろしくお願いします。


「住宅設計とは」・・・・第1回からいきなり核心に触れるテーマです。

b0186729_09043330.jpg

前半は本間先生です。住宅設計は「形」を追う前に「結果(形)には理由がある」ということを肝に銘じてデザインすること。ゾーニング、視線の抜け、使い勝手、安全性・・・これらを満たし、あるいは満たすために生まれた要素、それをどうデザインまで昇華していくか、、、建築家の仕事を実に細やかに見せていただきました。

b0186729_09022130.jpg

後半は泉先生です。住宅設計に取り組む設計者の社会的立場は、何者にも守られずしかし何者にも縛られない、自由という武器を持ってどう精進していくか、、、。それにはテーマを持ち、そこに突き進んでいくこと。この学校で学びながらテーマを見つけて欲しい、ということをユーモアを交えながら、わかりやすくお話いただきました。

難しい内容もありましたが、それぞれの立場から受け取るものは多々あったのではないでしょうか。

そして例年通り、講義のあとは懇親会。くだけた雰囲気で、先生方、学生さん同士、スポット参加の先輩と、色んな人と交流できたと思います。


来月は教室を移して「自由学園明日館」での講義になります。

講義は「構法から考える」お楽しみに!

講義後は3年生が企画する「新入生歓迎会」です。こちらも楽しみですね。



小野育代/小野育代建築設計事務所


[PR]
# by iezukuri-school | 2017-05-29 09:09 | 1年の授業風景 | Comments(0)

第9期 家づくり学校 追加募集のお知らせ

第9期「家づくり学校」5月開講・受講生募集中です!

(※申し込み期日が5月末まで延期されました)


「家づくり学校」とは・・・

"NPO法人 家づくりの会” が主催する
良質な住宅設計を目指す人のための学び舎です。

お申し込み方法は、下記HPをご覧ください。


■家づくり学校HP

■家づくり学校Blog

ぜひ一緒に学びましょう!



今年3月の修学旅行は、皆で高知へ行きました!
来年も楽しみですね。


b0186729_08561558.jpg
竹林寺 納骨堂(設計:堀部安嗣さん)


b0186729_08561918.jpg
牧野富太郎記念館(設計:内藤廣さん)



(広報担当:丹羽 修/NLデザイン)



[PR]
# by iezukuri-school | 2017-05-28 09:04 | お知らせ | Comments(0)

2年生第1回目「素材」

b0186729_5553140.jpg

5月20日(土)、家づくり学校2年生「素材」の授業がありました。

2年生は、教室から飛び出し、素材や物づくりの現場を訪ねるカリキュラム。
例年ですと、初回から外に出かけての見学会になっていたのですが、
今年は始めに「何故そのような授業を行うのか?」というガイダンスを教室で行い、
2回目から出かけようとなりました。
講師は、泉幸甫先生です。

「自然素材って良いよね」「手づくりって良いよね」って話が、よくあります。
泉先生自身もそのような住宅設計を手掛けてきたわけですが、
決して工業化を否定しているわけではありません。
自然素材や手づくりの素材を扱うことの難しさを、
住宅産業の歴史的な流れ、豊富な経験の中で解説。

それに対し、自分はどう立ち向かってきたのか。
「職人的な世界感」と「機械・プレキャスト的な世界観」を二項対立的に捉えるのではなく、
工業化の良い所は取り入れつつ、新たな設計手法を模索しつつ、
その狭間で生きる住宅設計者として、今後の世界観へと導いてくれたように思います。

さてさて今年は、植木、石、瓦、建具、木材、古材・再生素材の産地や技術を探訪します。
知らない世界を知るということは大切なことなのですが、より実践的に考えた場合、
知ったことをどう実務に結び付けることが出来るかというビジョンが必要。

そんな住宅設計者の在り方を考えさせられる授業でした。
早く教室を飛び出したいという気持ちが高まったことと思います。

根來宏典/根來宏典建築研究所
[PR]
# by iezukuri-school | 2017-05-23 17:25 | 2年の授業風景 | Comments(0)


NPO法人・家づくりの会が運営する「家づくり学校」の専用ブログです


by iezukuri-school

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

外部リンク

検索

カテゴリ

全体
お知らせ
1年の授業風景
2年の授業風景
3年の授業風景
4年の授業風景
イベント
報告
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
more...

最新のコメント

第一期、第二期では、八戸..
by iezukuri-school at 17:00
寒い中現場公開に来ていた..
by 藤原昭夫 at 10:43
藤原さんには、新年早々、..
by 小疇友子 at 10:37
先日の「構造」は面白かっ..
by 泉幸甫 at 15:25
田中Nです。 田中 康..
by nt-lab at 09:06

記事ランキング

ブログジャンル

スクール・セミナー
建築・プロダクト

画像一覧