家づくり学校第2回「生活から考える」

6月28日の日曜日、家づくり学校第2回「生活から考える」の講義が行われました。
外はあいにくの雨、しかしながら会場内は真夏の如く熱気で満ち溢れているように思ったのは不肖ヤマモトだけでしょうか?

前半は田中ナオミさんのお話。
b0186729_21444428.jpg

住宅というものはすべてが個別解である。そして親子なり孫子が一緒に住まう時間は限定されたわずかな時間かもしれない。そんな短い時間の為に家づくりをすることは無駄なのか否か、そのことを強く再考させられるお話だったように思います。
中でも私の印象に残ったのは、「柱の傷は一昨年の~」という言葉にもあるように、家に歴史の痕跡を残すことで我が家に対する家人の愛情を育むことの大切さでした。

後半は当学校副校長でもある本間至さんのお話。
b0186729_2146640.jpg

住宅はあくまでも建主それぞれの個別解に過ぎないというお考えはナオミさんと同じです。
それに加えて本間さんが強調されたのは、住宅設計には時代的な普遍性(ハード面でもソフト面でも)をシッカリ反映させるべきで、それこそが建築家の存在意義ではないか、ということ。
ご自身の作品を冷静且つ厳しく自己分析しながらお話くださいました。
講義の最後で家具の設計事例もご紹介くださいましたが、もっとたくさんお話を聞きたいと思ったのは私だけではないはず。

ホットな田中さんとクールな本間さん、一見対比的なお二人のお人柄が印象に残った講義でしたね。
もっともワタクシ、個人的にはお二人とも熱過ぎるほど熱いと思っておりますが。

講義の後は例によって有志による懇親会へ突入、目白の夜は熱い建築談議でふけていったのでありました。
(山本成一郎)
[PR]
by iezukuri-school | 2009-06-30 21:56 | 報告 | Comments(9)
Commented by 杉浦里江子 at 2009-07-01 17:28 x
本当に対照的なお二人でしたが、とても面白かったです。
丁寧なご講義ありがとうございました。

田中さんのお話は、女性一人で事務所を開始しようとしている私にとって、希望になりました。
当然陰ではご苦労も多いことでしょうが、楽しそうに仕事をされていて、
それがプランや設計にも感じることができたからです。

本間さんのお話は深く濃く、自分の勉強不足を感じました。
早速、黒沢隆の本を読むところからスタートして、次の本間さんの授業に備えたいと思います。


Commented by bleis at 2009-07-01 19:33
黒沢隆も良いのですが、
9月の「設計とは?」、10月の「監理とは?」の予習として、
7月下旬に発売される「建築知識」を読んでみてください。
家づくりの会の設計会員5人で執筆しており、
私は、設計相談から基本設計の項目を担当しています。
Commented by 島田貴史 at 2009-07-02 10:25 x
住宅を「生活から考える」。
一見当たり前のことですが、
住み手側のこれからのライフスタイルを頭に描き、
それをしっかりとプランに落とし込んで行く。
その具体的プロセスを実感することができました。
ありがとうございました。
「笑わないお客さんの仕事は断ります!」の一言に、
田中さんの「仕事を楽しむ」というスタイルを感じました!
また本間さんのプランには
「そこで営まれる生活」と「美しい空間」のバランスが追求されているように感じ、是非実物の建物を体感して見たい!と思いました。
講義はもちろんのこと、その後の懇親会でも楽しいお話やシビアなお話・・・もきけて、充実した時間でした。
本当にありがとうございました。
Commented by bleis at 2009-07-02 13:12
bleis(ブライシュティフト)の本間です。
「生活から考える」・・・・住宅設計の基本中の基本ですが、
それを建物として実現させるには、技術的な知識が必ず必要です。
次回の授業からは、その技術的なところに入っていくことになります。
・・・・・・乞うご期待を。
懇親会も授業の延長と考え、皆さん積極的に参加してください。
Commented by 田中 康雄 at 2009-07-02 20:36 x
とても対照的な考え方のお二人の講義、興味深く聞かせていただきました。
ありがとうございます。

田中さんは、お施主さんと設計者との緊張関係だけではない、親近感の中で、「楽しい」雰囲気からお施主さんをその気にさせていく気持ちがあるのではないかと感じました。

本間さんは対照的で、ご自身が言われたとおり「お施主さんも理論的な方が多い」ということが、納得できる講義でした。
「建て主の言葉で話す」といった基本的なことをするための、設計者自身の『理念』、それを展開できる『技術』の習得が重要であることを学びました。

このように対照的なお二人の住宅プランは、どのように違うのか、もしくは違わないのか、興味があります。本間さんからは、今回のレジュメ(図面等)がいただけるとのお話を聞きましたので、もしできれば田中さんのプランも見て、比較してみたいと思いました。
プランなど多種多様であり、比較にはならないのかもしれませんが、田中さんのプランもいただけませんでしょうか?
Commented by bleis at 2009-07-03 20:38
住宅はプランが命です。
それは生活するための機能性と、空間としてのバランス。
そのバランスは、絵画でいえば、
キャンバスの中に収める絵の構成(構図)力に匹敵します。
それが、情緒的な心地良さにつながります。
その構成力を身に着けなければ、良いプランは出来ません。
Commented by nt-lab at 2009-07-04 09:01
田中Nです。
杉浦里江子さん 温かいコメント感謝。
本間さんの話は、わたしでも深く濃いのです。
追っても追っても「遠い背中」であります。
Commented by nt-lab at 2009-07-04 09:04
田中Nです。
島田貴史さん 感想を読むことで聞くことでこちらも勉強になります。
理念と技術の修練は、住宅設計者のライフワークですね。
Commented by nt-lab at 2009-07-04 09:06
田中Nです。
田中 康雄さん プラン…ですか。本間さんと比較なんて(笑)
100年早いって叱られます。(笑)


NPO法人・家づくりの会が運営する「家づくり学校」の専用ブログです


by iezukuri-school

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

外部リンク

検索

カテゴリ

全体
お知らせ
1年の授業風景
2年の授業風景
3年の授業風景
4年の授業風景
特別構造ゼミの授業風景
イベント
報告
未分類

以前の記事

2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
more...

最新のコメント

第一期、第二期では、八戸..
by iezukuri-school at 17:00
寒い中現場公開に来ていた..
by 藤原昭夫 at 10:43
藤原さんには、新年早々、..
by 小疇友子 at 10:37
先日の「構造」は面白かっ..
by 泉幸甫 at 15:25
田中Nです。 田中 康..
by nt-lab at 09:06

記事ランキング

ブログジャンル

スクール・セミナー
建築・プロダクト

画像一覧