一年生第4回「環境から考える」

8月28日(日)は、家づくり学校一年生の第4回「環境から考える」が行われました。


8月も終盤です。この日はこれまでよりはしのぎやすい天気の日でした。家づくり学校一年生の授業も中盤にさしかかり、学生の皆さんも学校の雰囲気にだいぶ慣れてきたような気がします。



今回の講師は松原正明氏と石黒隆康氏でした。


b0186729_1523345.jpg

まず前半は石黒先生から概論の講義がありました。まずは自己紹介を兼ねて、パッシブデザインをどのようにして知ったかというお話から始まり、そこから徐々に環境問題や室内気候の制御と工夫、気候風土から読み解くパッシブデザインなどについて、様々なデータに基づいた講義が進みました。自然の恵みを生かす為の社会的・技術的な問題を具体的なデータや図表で示しながらの講義はとてもわかりやすく、改めて再認識させられるものが多いものでした。最後のほうでは実例も紹介していただきました。ここでは、このような経験と知識を持ちながらも、実際の現場で出来たこと、出来なかったことなどの試行錯誤が垣間見れるお話をしていただきました。


b0186729_15233014.jpg

後半は松原先生から実例を中心とした講義でした。周辺環境を読み取り、自然の恵みを活かす工夫や、日本の風土と先人の知恵が結集した古民家の工夫を取り入れることの大切さについて、自邸を含めたいくつかの実例を通して紹介していただきました。


b0186729_15235866.jpg

建築を通して環境を考えるとき、いまは様々な制度や技術があります。それらを生かすも、無意味なものにしてしまうのも、私たちの意識次第であり、我々建築家の責任や義務も大きいということを、改めて考えさせられました。
様々な制度の確立や技術の進歩があるなかで、ただそれに乗っかるのではなく、建築家としてどのようなスタンスをとるか。そして「自然の恩恵を受ける」ということ。まずは自然の力を最大限享受することを強く意識させられた講義でした。



講義終了後はいつものように懇親会へ。今回からは新しい学生さんも参加されました。メンバーも増えて、これからもっともっと盛り上がっていくと思います。

また次回の講義もお楽しみに。

(宮野人至・㈲宮野人至建築設計事務所)
[PR]
by iezukuri-school | 2011-09-21 15:25 | Comments(0)


NPO法人・家づくりの会が運営する「家づくり学校」の専用ブログです


by iezukuri-school

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

外部リンク

検索

カテゴリ

全体
お知らせ
1年の授業風景
2年の授業風景
3年の授業風景
4年の授業風景
特別構造ゼミの授業風景
イベント
報告
未分類

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
more...

最新のコメント

第一期、第二期では、八戸..
by iezukuri-school at 17:00
寒い中現場公開に来ていた..
by 藤原昭夫 at 10:43
藤原さんには、新年早々、..
by 小疇友子 at 10:37
先日の「構造」は面白かっ..
by 泉幸甫 at 15:25
田中Nです。 田中 康..
by nt-lab at 09:06

記事ランキング

ブログジャンル

スクール・セミナー
建築・プロダクト

画像一覧