人気ブログランキング | 話題のタグを見る

家づくり学校3年生第2回「茶室」

家づくり学校第4期3年生の第2回講義「茶室」が6月24日(日)に行われました。

今回は課題の講評を行うということもあり、家づくりの会の事務局が会場となりました。


家づくり学校3年生第2回「茶室」_b0186729_2335433.jpg



先月の講義で出された課題は、事前に学生の皆さんからしっかりと提出されました。
そして、講義はそれらの講評から始まりました。川崎先生が事前にチェックされていましたので、各学生の作品一つ一つについて丁寧に説明をいただきながら、良いところや改善が必要なところの指摘をしていただきました。
学生の皆さんからも積極的に質問が出たりしながら、茶室の用と美について教えていただくという贅沢な時間はあっという間に過ぎていきました。


家づくり学校3年生第2回「茶室」_b0186729_23363246.jpg



川崎先生からの差し入れのお茶菓子をいただきながら、少しの休憩の後、
講義の後半は茶室の「美」についてでした。



数寄屋建築とは何なのか。
透屋?数奇屋?須貴屋?


さまざまな建築様式があった中、数寄屋はなぜ今も生き続けているのか。
その成り立ちから、現在に至るまでの変遷について、こちらもとても分かりやすい解説と豊富な資料により教えていただきました。


家づくり学校3年生第2回「茶室」_b0186729_23373734.jpg



今回、最後に行われた問いかけによる講義は心に残るものでした。
「数寄屋」からイメージする言葉と「心地良い住まい」からイメージする言葉。これらは見事にリンクしたのでした。これは私たちが日ごろ感じている安らぎや美しさ、日本人が持つ奥ゆかしさなどへの判断基準の延長線上に「数寄屋建築」があるということ。
そして、まさに茶室は「日本の美意識が最も集約的に造形化されている建築である。」ということを教えていただき、3時間にわたる講義は終了したのでした。


家づくり学校3年生第2回「茶室」_b0186729_2338225.jpg



恒例の懇親会はそのままの流れの中、家づくりの会事務局にて行われました。飲み物やおつまみなどは買い出しに行き用意し、気兼ねなくゆっくりと、けれどもとても真剣な話が続いて日曜日の夜は更けていったのでした。

川崎先生、大変お疲れ様でした。
学生の皆さん、次回からの講義もよろしくお願いします。

宮野人至((有)宮野人至建築設計事務所)
by iezukuri-school | 2012-06-27 23:39 | Comments(0)


NPO法人・家づくりの会が運営する「家づくり学校」の専用ブログです


by iezukuri-school

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

外部リンク

検索

カテゴリ

全体
お知らせ
1年の授業風景
2年の授業風景
3年の授業風景
4年の授業風景
特別構造ゼミの授業風景
イベント
報告
未分類

以前の記事

2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
more...

最新のコメント

雨のみち様 コメントあ..
by iezukuri-school at 13:45
設計を手掛ける方たちと建..
by 雨のみち at 16:22
第一期、第二期では、八戸..
by iezukuri-school at 17:00
寒い中現場公開に来ていた..
by 藤原昭夫 at 10:43
藤原さんには、新年早々、..
by 小疇友子 at 10:37

記事ランキング

ブログジャンル

スクール・セミナー
建築・プロダクト

画像一覧