2年生第5回「左官」

家づくり学校第5期二年生の第5回見学「左官」が11月16日(土)に行われました。


場所は中野区東中野にある「富沢建材」で、左官のメッカと言われているほど、ここにはあらゆる種類の左官材料が揃えられています。また、全国からも有名な左官職人が多く集まって来ては勉強会なども行われている所です。

今回は、富沢建材の富澤英一さんのご協力のもと、これからの左官業界をリードしていく若手左官職人の上遠野健吾さん、古川元章さん、清水友宏さんから、実際の左官体験と共に貴重なお話を伺うことが出来ました。

b0186729_1516525.jpg



左官は、土塗りと漆喰に大きく分けられ、それぞれ基本となる材料のもと調合し、水でこねていきます。土といっても白土、黄土、稲荷山黄土、本聚楽土、木節粘土、赤錆土や京錆土をはじめ数多くの種類があり、それらの特徴や他の材料との調合、コテの技術など、無限の可能性を感じずにはいられませんでした。

b0186729_1516527.jpg


現在では、調合された既製品を使うことが多いが、既存の枠組みにからめ捕られるだけでなく、独自の世界を築いていくことに左官の楽しさ、奥深さがあるというお話は、我々の胸に強く響きました。

b0186729_15201137.jpg


今回は「掻き落とし」と「京錆土」、「漆喰」を実際に塗らせてもらいました。
尺角のパネルに塗っていくなかで、ネタをコテで押し広げていきますが、これがとても難しく、思うように仕上がってくれません。職人さんの熟練の技に改めて感動を覚えた瞬間です。

b0186729_15175194.jpg

b0186729_1519887.jpg


「左官」の世界は日進月歩であり、自分好みの材料をブレンド、調合して表現をすることが出来ます。工業化の波の中、経済性や効率性が優先される社会の中で、我々設計者も本当の自由を失っています。そんな中で、左官のもつ手仕事による多様性やその奥深さは、私たちが自由を取り戻すための一つの手段を提示してくれているようでした。

b0186729_15362584.jpg


富沢建材には、全国の左官名人の手によるサンプルも多く展示されていて、左官体験や職人さんのお話のあとに見ると、その素晴らしさがより一層伝わってくるものでした。

b0186729_15211046.jpg

b0186729_15381670.jpg


皆さん、今回はお疲れ様でした。
次回の見学もよろしくお願いします。

(有)宮野人至建築設計事務所  宮野人至
[PR]
by iezukuri-school | 2013-11-17 15:38 | Comments(0)


NPO法人・家づくりの会が運営する「家づくり学校」の専用ブログです


by iezukuri-school

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

外部リンク

検索

カテゴリ

全体
お知らせ
1年の授業風景
2年の授業風景
3年の授業風景
4年の授業風景
特別構造ゼミの授業風景
イベント
報告
未分類

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
more...

最新のコメント

第一期、第二期では、八戸..
by iezukuri-school at 17:00
寒い中現場公開に来ていた..
by 藤原昭夫 at 10:43
藤原さんには、新年早々、..
by 小疇友子 at 10:37
先日の「構造」は面白かっ..
by 泉幸甫 at 15:25
田中Nです。 田中 康..
by nt-lab at 09:06

記事ランキング

ブログジャンル

スクール・セミナー
建築・プロダクト

画像一覧