第10期3年生 第1回「住まいの平面計画」前期

家づくり学校第10期3年生の授業が先週末土曜日にスタートしました。

3年生は1つのテーマについて1回目(前期)では講義が行われた上で課題が提示され、2回目(後期)では課題の発表を行うという2回で1セットの講義となっています。

1つ目のテーマは「住まいの平面計画」、講師は半田雅俊設計事務所 半田雅俊先生です。

b0186729_19121617.jpg

まずは年表とともに住まいの変遷を平面計画を中心に見ていきました。社会変化、家族の在り方、暮らし方によって変化していったことがよく分かりました。
続いて海外の事例としてフランク・ロイド・ライトの設計した住宅の平面計画を見ながら、日本の住宅との違い、同じ年代のものが日本とどのように違っていたのか比較することができました。
最後に昭和以降の日本の住宅の変遷を辿るとともに、どんなところが良いのか、悪いのか、ディスカッションしながら授業は進められました。

b0186729_19122013.jpg

まとめとして、「自分が生きている時代の生活を理解する。新しい形を探すことが、建築家の仕事である。私たちは、新しい時代に生き生活しているのだから。」
というフランク・ロイド・ライトの言葉をご紹介頂きました。
今現在の暮らしをよく理解して住宅を設計するとともに、10年、20年先の暮らしも見据えた計画・提案をすることこそ設計者としての力量が求められる部分ではないだろうかとお話を頂いた上で、次回までの宿題である課題が説明されました。
現在、半田先生が設計を進めている土地に「自分が住みたい家」と題して、現在建てる案とその家の30年後の改修案の2案を提案する課題です。
今はまだ分からない未来ですが、どんな未来を想像しながらの計画になるのか、次回が楽しみです。

工藤夕佳/mokki設計室


[PR]
by iezukuri-school | 2018-05-14 20:32 | 3年の授業風景 | Comments(0)


NPO法人・家づくりの会が運営する「家づくり学校」の専用ブログです


by iezukuri-school

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

外部リンク

検索

カテゴリ

全体
お知らせ
1年の授業風景
2年の授業風景
3年の授業風景
4年の授業風景
特別構造ゼミの授業風景
イベント
報告
未分類

以前の記事

2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...

最新のコメント

第一期、第二期では、八戸..
by iezukuri-school at 17:00
寒い中現場公開に来ていた..
by 藤原昭夫 at 10:43
藤原さんには、新年早々、..
by 小疇友子 at 10:37
先日の「構造」は面白かっ..
by 泉幸甫 at 15:25
田中Nです。 田中 康..
by nt-lab at 09:06

記事ランキング

ブログジャンル

スクール・セミナー
建築・プロダクト

画像一覧