人気ブログランキング |

カテゴリ:1年の授業風景( 47 )

11期1年生 第7回「外構から考える」

12月22日(日)は「外構から考える」の講義でした。講師は泉幸甫校長です。

11期1年生 第7回「外構から考える」_b0186729_21393647.jpg

建物を建てる敷地のそもそもの成り立ちを調べる視点、微妙な高低差を読みこみ水害から建物を守るという視点、外と中の関係を段階的に繋げていく方法など。建物の周辺の様々な関係性、場面展開、空間の成り立ち、素材や植物、、、建物を取り巻くあらゆる環境を学ぶ講義でした。


11期1年生 第7回「外構から考える」_b0186729_21401423.jpg

11期1年生 第7回「外構から考える」_b0186729_21404094.jpg

4時間みっちりの講義から、空気感や世界観がつくられていく様を感じられた気がしました。まだまだ学ぶことがたくさんあると痛感しつつも、皆さんワクワクする講義だったのではないでしょうか。


次回は2月2日になります。


小野育代/小野育代建築設計事務所




by iezukuri-school | 2019-12-25 21:46 | 1年の授業風景 | Comments(0)

第11期 1年生 第六回「歴史から考える」

1年生のレポートです。
週末、1年生は福島・茨城方面へ向かいました。授業のテーマは「歴史から考える」でした。講師は山本成一郎先生です。この日は移動中のバスの中で「歴史から考える」の講義を行って頂き、その後実物を見学する、、という一度で二度美味しいツアーとなっています。
第11期 1年生 第六回「歴史から考える」_b0186729_23274522.jpg
目的地は「白水阿弥陀堂」、平安時代に作られた国宝建築です。浄土式庭園と阿弥陀堂が良い雰囲気、、、、、。
第11期 1年生 第六回「歴史から考える」_b0186729_23274562.jpg
ですが、設計者は「良い雰囲気」となんとなく思っていてはいけません。歴史を知り、仕組みを知り、なぜ「良い雰囲気」なのか、なぜ「格好良い」のか、考えながら見学しました。
第11期 1年生 第六回「歴史から考える」_b0186729_23274555.jpg
次に向かったのは「五浦・六角堂」。岡倉天心が過ごした場所です。泉校長お薦めの庭園は、自然の形を生かした庭園で、人工的な要素を感じない、、という事でしょうか?
第11期 1年生 第六回「歴史から考える」_b0186729_23274610.jpg
海は荒れています。
第11期 1年生 第六回「歴史から考える」_b0186729_23274675.jpg
これが「六角堂」、3.11の震災で元々あった建築は流されてしまいましたが、復刻して新しくなっています。震災復興のシンボルのような位置づけのようです。
海に近くて、面白い建築ですが、波が近くてちょっと恐怖を感じました(笑)
第11期 1年生 第六回「歴史から考える」_b0186729_23274616.jpg
旅の最後は力強い住宅を見せてもらいました。木造です。ダイナミックな造形と斜面に建つ力強さ、、、、。設計者のパワーを感じます。帰りのバスでは、お酒を飲みながら見学の感想や質問を聞いて過ごしました。飲み足りない人は新宿に戻って更に飲むという、、、、とても濃い一日を過ごしたのでした。

みなさん、お疲れさまでした。
山本先生、貴重な講義をありがとうございました。

段取り屋としては、時間が余った感じで、少し反省、、、、美味しい昼食を提供出来たハズ(笑)

BUILTLOGIC・石黒隆康























by iezukuri-school | 2019-11-26 23:48 | 1年の授業風景 | Comments(0)

第11期 1年生 第五回「まちから考える」

先日、10月26日(土)、「まちから考える」の授業が行われました。
講師は、佐々木善樹建築研究室の佐々木善樹先生、クラフトサイエンスの安井正先生、のお二方です。
建築を単体で捉えるのではなく、まちとどのようにつながるのか、ちょっと普段とは違う視点で新鮮でした。
第11期 1年生 第五回「まちから考える」_b0186729_07224966.jpg
佐々木先生は、事務所をまちに開く事でご近所さんとつながったり、、、今は事務所が週末カフェになるなど事務所のあり方が興味深いです。
今後はホテルとしても展開していかれるとか。
第11期 1年生 第五回「まちから考える」_b0186729_07224939.jpg
安井先生は、元々住んでた立石での活動や、今お住まいの京都での活動を通して、まちと関わりながら建築家の生きていく方法なども話して頂きました。
第11期 1年生 第五回「まちから考える」_b0186729_07224972.jpg
建築の設計だけではなく、もう一つ別の活動を通してまちとつながり、仕事に結びつく、これからの設計者に必要なことを伺った気がします。
私もとても考えさせられる授業でした。

BUILTLOGIC・石黒隆康

by iezukuri-school | 2019-10-30 07:23 | 1年の授業風景 | Comments(0)

第11期 第4回「木から考える」


9月の講義は、多くの住宅に使われる「木」について、古川泰司先生に講義していただきました。

第11期 第4回「木から考える」_b0186729_14015818.jpg

テーマはつながり。今回の講義を聞いて、改めて木とは面白い背景を持った材料だと感じました。農作物のように育つものだが、人の時間軸よりもかなり長い時間をかけて成長する。しかし日本の気候の中では上手に付き合えば枯渇することがない資源であること、、、川上から川下まで。森(生産)と人、製材(加工)と人、家と人、、、色んな場面でのつながりを知っておくことがとても重要だと感じました。


第11期 第4回「木から考える」_b0186729_14015891.jpg

講義の途中、短い時間を使って梁の掛け方の演習を。材料のサイズ感を知ること、なぜその長さなのか?構造的、意匠的な梁の掛け方のポイントを教わりました。

地球規模の話から木材のサイズ感まで、今年も多岐にわたる「木から考える」の講義でした。


来月は「まちから考える」の講義です。


小野育代/小野育代建築設計事務所






by iezukuri-school | 2019-09-27 14:05 | 1年の授業風景 | Comments(0)

第11期 1年生 第三回「環境から考える」

夏らしくなってきました。
7月28日(日)昨日は1年生の第三回「環境から考える」の授業が行われました。
近年の定番授業で、講師はYMOの山田浩幸先生半田雅俊設計事務所の半田雅俊先生です。

設備設計者である山田先生からは、建築家との仕事で思うことを話して頂き、大変興味深い内容でした。
本来、計画のスタートから設備家とコラボレーション出来ればもっと上手く行きそうですし、設備家と一緒に仕事が出来ない場合でも、設計者に環境的な視点がもっともっと必要だということを思い知らされました。
第11期 1年生 第三回「環境から考える」_b0186729_13405602.jpg

半田先生からはたくさんのデータを見せてもらいながら、住宅の性能について話して頂きました。
世界各国のエネルギー消費量の事から、断熱材のからくりなど実務に直結する事まで伺う事が出来ました。
第11期 1年生 第三回「環境から考える」_b0186729_13405697.jpg
環境要素(温度、湿度、空気、光、臭いなど)は目に見えないものなので、感じる事が大切だし、データを取るなどして可視化することが大切だ、と言われたことが印象に残りました。

8月は夏休みで、次回は9月22日(日)に「木から考える」というテーマで行われます。





















by iezukuri-school | 2019-07-29 14:06 | 1年の授業風景 | Comments(0)

第11期1年生 第二回「構法から考える」

家づくり学校の1年生、第2回の授業が行われました。
第11期1年生 第二回「構法から考える」_b0186729_17312782.jpg
梅雨の季節ですが、傘はささずすみました。場所は自由学園・明日館です。
この日のテーマは「構法から考える」で、studio A の諸角先生、構造家の山田憲明先生お二方に担当して頂きました。
最初に事例を見せて頂きながら、意匠設計者と構造家のコラボレーションで得られる可能性などを伺いました。
その後、今年は4つのグループに分かれて簡単な課題に取り組んでもらいました。
テーマは「7.28M×7.28Mの無柱空間を作る、但し使える材料は6M材、加えて魅力的な空間にすること」というものです。
第11期1年生 第二回「構法から考える」_b0186729_17312765.jpg
第11期1年生 第二回「構法から考える」_b0186729_17312847.jpg
第11期1年生 第二回「構法から考える」_b0186729_17312828.jpg
事前に「宿題として考えて来て下さい」とアナウンスしていたのですが、模型を作ってくる受講生や材料のパーツを持参する受講生もいて、有意義な時間になりました。
第11期1年生 第二回「構法から考える」_b0186729_17312871.jpg
最後に、グループごとに発表してもらい山田先生と諸角先生に講評してもらいました。
ただ無柱空間を作るのではなく、コンセプトを持って、魅力的な空間を作る可能性を感じる事ができる授業でした。

次回は、7月28日(日)「環境から考える」というテーマで行われます。



by iezukuri-school | 2019-06-24 17:42 | 1年の授業風景 | Comments(0)

第11期1年生 第一回「住宅設計とは」

第11期 1年生がスタートしました。

今期もいろいろな世代の方が、様々な土地から通われます。


第11期1年生 第一回「住宅設計とは」_b0186729_21532916.jpg

第一回目の講義は「住宅設計とは」。住宅設計を取り巻く世界と、それに関連したコミュニケーションや設計を進めるための具体的なスケジュール感など、、、泉幸甫校長石黒隆康先生根來宏典先生が講義されました。はじめは緊張されていた皆さんも、講師の先生方の気さくな人柄に触れて、途中からは少しリラックスして講義に臨めた様です。


第11期1年生 第一回「住宅設計とは」_b0186729_21532933.jpg
第11期1年生 第一回「住宅設計とは」_b0186729_22131758.jpg

第11期1年生 第一回「住宅設計とは」_b0186729_21532887.jpg

我々が目指したい設計は簡単には会得できませんが、1年間、共に頑張っていきましょう。

そして、講義のあとは懇親会を行い、講師の先生方とも学生さん同士も皆和気藹々とした時間を過ごしました。


次回は6月23日(日)「構法から考える」です。

場所は、フランク・ロイド・ライト設計の自由学園明日館です。


小野育代/小野育代建築設計事務所


お知らせ

・学校は開講していますが、若干席に余裕があるため、5月31日まで募集期間を延長しております。

  → 応募方法はこちらから

・建築知識に「超実践!家づくり学校」を連載中です。こちらでも学校の様子も垣間見れます。






by iezukuri-school | 2019-05-22 22:17 | 1年の授業風景 | Comments(0)

10期1年生 第8回「生き残るためには」

1月で1年生単独での講義は最終講義となりました。「生き残るためには」、泉幸甫校長の司会進行で、前半は、講師の佐々木善樹先生、丹羽修先生、後藤孝先生より、生い立ちも含めた過去・現在の活動・そして何を未来へ見ているか・・・という3つのテーマをそれぞれにお話いただきました。

10期1年生 第8回「生き残るためには」_b0186729_22192431.jpg

そして後半は、学生の皆さんにも5年後という「近い未来」、自分はどうしていたいか?を5分以内でスピーチするという宿題の発表と、悩み、決意、気づき等、先生方と意見交換をするという、貴重でホットな時間を過ごしました。

10期1年生 第8回「生き残るためには」_b0186729_22193142.jpg

1年生の皆さん、1年間お疲れ様でした。

10期1年生 第8回「生き残るためには」_b0186729_22193832.jpg


小野育代/小野育代建築設計事務所


by iezukuri-school | 2019-01-23 22:25 | 1年の授業風景 | Comments(0)

10期1年生 第7回「コストから考える」

今年最後の講義は「コストから考える」、家づくりの会から杉浦充先生と、ゲスト講師として杉浦先生と数多く仕事をしていらる江中建設の江中社長に講義していただきました。

10期1年生 第7回「コストから考える」_b0186729_16521224.jpg

アトリエ事務所の設計は、どんな工務店さんでも施工できる訳ではありません。その土地に、住まう人の一品の家を建てるために、設計事務所では、数多くの図面を描きます。その図面をコミュニケーションにして、コストを割り出していく、そういった作業を工務店は積算、という形で行います。

10期1年生 第7回「コストから考える」_b0186729_16521222.jpg

江中社長からはコミュニケーションツールになる図面を、工務店側がどう読むか、現場、土地を調査する際、コストとして考えていく部分はどこか?

杉浦先生からは、設計全体のことから、不利な条件を逆手に取り、デザインに昇華させる技術やポイント、また施工者とのコミュニケーションのタイミングなど、、。

両先生から、お互いがある節度を持ちながら、いい建築をつくる仲間としてのコミュニケーションを、具体的に学ぶことができました。

次回は1月13日「生き残るためには」です。今年はお疲れ様でした。


小野育代建築設計事務所/小野育代



by iezukuri-school | 2018-12-29 16:55 | 1年の授業風景 | Comments(0)

10期1年生 第6回「歴史から考える」

少し報告が遅くなりましたが、11月25日(日)「歴史から考える」の講義は、高速バスにて埼玉県熊谷市と栃木県足利市を訪れました。講師は山本成一郎先生、石黒隆康先生です。


10期1年生 第6回「歴史から考える」_b0186729_21174884.jpg

現代建築はわかりやすいので、建築関係の人達は語りやすく評価しやすいですが、古建築については建築にたずさわっていても語ることは難しいものです。しかし「知識や見る目を養うことで評価ができるようになり、建築の奥深さを学ぶことができる、、、」山本先生の講義はバスの中から始まりました。故きを温ねて新しきを知る、、秋晴れの絶好の見学日和で1日どっぷりと古建築に浸かりました。


10期1年生 第6回「歴史から考える」_b0186729_21181282.jpg
10期1年生 第6回「歴史から考える」_b0186729_21182444.jpg

熊谷市の歓喜院(かんぎいん)は2012年に国宝に指定されました。色漆の彩りが現代の職人の手で蘇った建築です。


10期1年生 第6回「歴史から考える」_b0186729_21183383.jpg

栃木県足利市では、国宝・鑁阿寺を見学、垂木の掛け方の違いから様式を学んだり、どこからどこが増築部分か?などなど、一人で見学しても気がつかないことを知り、

10期1年生 第6回「歴史から考える」_b0186729_21185107.jpg

家づくり学校、、ということで隣接する日本最古の学校、足利学校へも足を伸ばし、


10期1年生 第6回「歴史から考える」_b0186729_21185843.jpg

最後は山本先生設計の昭和保育園を、見学させていただき、帰路へつきました。帰りのバスの中でも学生さんからの感想や質疑への応答をしていただいたり、建築の話で盛り上がりました。

小野育代建築設計事務所/小野育代













by iezukuri-school | 2018-12-25 21:35 | 1年の授業風景 | Comments(0)


NPO法人・家づくりの会が運営する「家づくり学校」の専用ブログです


by iezukuri-school

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

外部リンク

検索

カテゴリ

全体
お知らせ
1年の授業風景
2年の授業風景
3年の授業風景
4年の授業風景
特別構造ゼミの授業風景
イベント
報告
未分類

以前の記事

2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
more...

最新のコメント

お腹がくちくなったら、眠..
by omachi at 20:00
管理人iezukuri-..
by タウンライフアフィリエイト運営事務局 at 16:34
突然のご連絡失礼致します..
by タウンライフアフィリエイト運営事務局 at 13:55
第一期、第二期では、八戸..
by iezukuri-school at 17:00
寒い中現場公開に来ていた..
by 藤原昭夫 at 10:43

記事ランキング

ブログジャンル

スクール・セミナー
建築・プロダクト

画像一覧