人気ブログランキング |

<   2010年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

一年生第三回「素材から考える」

7月19日(月・祝)は、家づくり学校一年生の第三回「素材から考える」が行われました。
この日は梅雨が明けて、晴天が広がるとてもとても暑い日でした。
都市部の気温は天気予報で発表されているものより、数度は高い気がしますが、自由学園の緑は、一服の清涼感を与えてくれたような気がします。

今回の講師は、家づくり学校の校長でもある泉幸甫氏でした。

b0186729_11301414.jpg


いま我々が設計を行う時に、様々なカタログから選ぶという行為が多くの場面で生じています。工業化による大量生産、そこからの利益追求という企業の論理に完全に飲み込まれている。つまり、我々は「工業化という波に取り込まれている」のであり、これは設計者が基本的な創造性を失うことを意味している。
そして、カタログとの付き合い方は、建築家の設計内容、スタイル、思想にまで発展する問題を抱えていると危機感を持って語られていました。
しかし一方で、今の社会構造ではカタログからの完全な脱却も難しいとも。
そんな中で、建築家としての独自の工夫をすることの大事さを、具体的に挙げられていました。
既製品を使いながらも独自の工夫をするもの、自然素材を用いるもの、既製材料の転用、しいては自分で部品や材料を開発することなど。
ただし、このようなことを行っていくのは容易ではありません。そのためには、素材や材料に対する知識を得ること(調べる・研究・実験)、様々な人とのネットワーク(出会う・知合う)、自らのフットワーク(探し出す)が大事であるとも語られていました。

b0186729_11332426.jpg


泉校長の話はとても内容が濃く、時間は多少オーバーしましたが、あっという間に講義の時間は終了しました。

講義終了後は恒例の懇親会へ突入しました。今回は、我々講師・スタッフと学生の皆さんもたくさん参加しました。ここでは講義中では聞けなかったことも含めて、様々な話が飛び交いました。ざっくばらんな雰囲気のもとで、とても楽しい時間を過ごさせてもらいました。

また次回の講義もお楽しみに。

(宮野人至)
by iezukuri-school | 2010-07-24 11:35 | Comments(0)

瓦の勉強・家づくり学校2年生

先週末は「家づくり学校」2年生の見学授業で、高崎方面へ「瓦」の勉強に同行させてもらいました。
伝統的な「瓦」を生かした設計を見せてもらったり、「瓦」の伝統的な作り方を教えてもらったり、
自分で土をこねてみたり、、楽しい一日になりました。

まずは、有名どころ「富岡製糸場」です。
b0186729_1042884.jpg

近代建築史の研究室に所属していたのですが、中に入るのは始めてでした。
(かつて、エントランスまで行き、お休みだった経験があります。)
産業遺構として、ユネスコの「世界遺産」にエントリーしているとのこと。
b0186729_10422111.jpg

機能的な意匠は、とても美しいです。
木の柱と梁で構成し、壁はレンガ、屋根はもちろん「瓦」。
架構がきれいなのは、目指すところ、、、いいなあ。

次に向かったのは、「トンネル窯」を保存した瓦のギャラリー。
b0186729_1042409.jpg

このトンネルはトロッコに乗って、通ることができます。
「瓦」はこのトンネルの中をゆっくりゆっくり通過して焼き上げられます。
まあ、ここで「瓦」の気持ちになってみよう、、、ということでしょうか(笑)

その後は、現在の「瓦」工場を見学。
b0186729_10425830.jpg

「瓦工場」なので、屋根はもちろん「瓦」です。
鉄骨の母屋とタルキに「瓦」を直に載せています。スキマから漏れる光がキレイ。
「瓦」だけど軽やかなイメージです。

現在の工場は「ブタンガス」を使って26時間あまりで焼き上げるとのこと。
「トンネル窯」は、段々熱を加えて、中央付近が一番温度が高く、出口に向かって温度が下がる。
この工程で、2日間(、、、で良いんでしたっけ?)だそうです。
最後に見せてもらった窯は、「だるま窯」です。
b0186729_10431354.jpg

土の窯です。ローテクです。伝統工法の窯で、現在はあまり残っていないそうです。
今回、見せて頂いたのは、復刻した「だるま窯」です。フォルムがカワイイ。

ココまでは、工場や「瓦」自体のお話し。

実は、「瓦」使った実際の住宅をいくつか見せてもらいました。
b0186729_10433087.jpg

屋根舞台」で活動されている小林保さんの自邸。「瓦」の要素がちりばめられた家です。
b0186729_10434180.jpg

「家づくりの会」の徳井正樹さんの自邸。素晴らしすぎて、ため息でした、、、、。
何度か写真で拝見して、きっと良いんだろうなー、と思っていましたが。
体験すると、そりゃもう、、ビックリでした。

朝、渋滞に巻き込まれて、到着が大幅に遅れてしまいましたが、
とても勉強になった一日となりました。

徳井さん小林さん長い時間、大変お世話になりました。
(BUILTLOGIC・石黒隆康)
by iezukuri-school | 2010-07-22 10:44 | 報告 | Comments(0)


NPO法人・家づくりの会が運営する「家づくり学校」の専用ブログです


by iezukuri-school

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

外部リンク

検索

カテゴリ

全体
お知らせ
1年の授業風景
2年の授業風景
3年の授業風景
4年の授業風景
特別構造ゼミの授業風景
イベント
報告
未分類

以前の記事

2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
more...

最新のコメント

管理人iezukuri-..
by タウンライフアフィリエイト運営事務局 at 16:34
突然のご連絡失礼致します..
by タウンライフアフィリエイト運営事務局 at 13:55
第一期、第二期では、八戸..
by iezukuri-school at 17:00
寒い中現場公開に来ていた..
by 藤原昭夫 at 10:43
藤原さんには、新年早々、..
by 小疇友子 at 10:37

記事ランキング

ブログジャンル

スクール・セミナー
建築・プロダクト

画像一覧