人気ブログランキング |

<   2010年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

1年生第5回「構法から考える」

9月20日(月・祝)は、家づくり学校一年生の第五回「構法から考える」が行われました。
この日は真夏が戻ってきたかのような、とても暑い日でした。
これから、家づくり学校も後半戦に突入します。


今回の講師は、半田雅俊氏でした。

b0186729_17361035.jpg


まずは「これからの住まい」を考えるというテーマで、木造住宅の変遷や寿命に関して、資料などを示しながらのお話でした。
日本において木構造は長持ちするのに、欧米の住宅に比べてその寿命はおよそ1/3~1/4程度。そこには、私たちの産業構造や社会構造が大きく関わっていることを語られました。
つまり、構造は長持ちするのに、使い勝手や設備の古さが問題となり、スクラップ&ビルドが繰り返されているのであると。
氏はこのような状況をテーマに、多くの挑戦を続けています。
構造と機能を分離することやコストの中身を知ること、地域材を用いる木造住宅など。技術的にも法規的にも多くの問題に対峙しながら、住まわれる人々、建築関係、しいては社会のことを考えて様々な試みをされていることを、実例スライドを通して紹介して頂きました。

b0186729_1731537.jpg


当然ながら、講義は熱を帯びて進みました。

今回の講義を通して、建築家として今の住宅を考えるうえで、しっかりとしたビジョンを持ってチャレンジする姿勢が、いかに大事かを強く感じることが出来ました。

また、若かりし頃にF.L.ライトのタリアセンへ修行に出かけた時の話なども、とても面白かったです。学生の皆さんや私たちも食い入るように聞いていました。

b0186729_17333251.jpg


半田氏の話は内容が濃く、また面白くお話されるので、あっという間に講義の時間は終了しました。ちょっと時間が足りないくらいでした。


講義終了後は恒例の懇親会へ突入しました。いつものように建築談義から様々な話題にまでと盛り上がりました。とても充実した講義&懇親会となったと思います。

また次回の講義もお楽しみに。

(宮野人至・㈲宮野人至建築設計事務所)
by iezukuri-school | 2010-09-29 17:37 | Comments(0)

2年生「鉄平石」探訪

9月18日、家づくり学校2年生の授業「鉄平石」探訪が行われました。

鉄平石といえば、信州。信州の鉄平石産地は、「諏訪鉄平石」と「佐久鉄平石」とがあります。
近年、鉄平石の需要は減少し、
諏訪の方は、最盛期には10以上の業者が採掘していたが、現在は半減。
佐久の方は、最盛期には5以上の業者が採掘していたが、現在は2社のみだそうです。

今回の探訪では、佐久の方に行ってまいりました。
大型バスを借り切っての探訪ツアー。
連休ということもあり到着が大幅に遅れ、現地に着くなり早速の昼食でした。
下の写真は、昼食を頂いた建物の屋根。脚立に登って、鉄平石との対面。
b0186729_16403950.jpg

現地では、信州鉄平石の清水社長と清水若社長の両氏にお世話になりました。
下の写真は、清水社長のご自宅の玄関。見事な鉄平石が敷かれておりました。
写真中央にいる方が、鉄平石一筋の石職人・清水社長です。
b0186729_16551068.jpg

続いて、若社長の案内の下、原石山へ。
下の写真の左側にいる方が、若社長。中央に泉校長。
右側でしゃがんでいるのが、今回の講師・徳井正樹先生。
険しい崖地に立って、原石に手で触れて、緊張感溢れる授業です。
b0186729_1651592.jpg

鉄平石は、岩石の割れ目に沿って層状に剥がれる特徴を持つ安山岩。
若社長が鉄平石を割る様子を見せてくれ、その特徴がより深く理解できました。
b0186729_16531857.jpg

この辺りは産地ということで、鉄平石を鱗葺きした石屋根集落も残っておりました。
b0186729_1752496.jpg

佐久で原石の勉強をし、次に向かったのは軽井沢にある『石の教会・内村鑑三記念堂』。
実際の建築への使われ方の勉強です。
アプローチにかなりの量の鉄平石が積み上げられている事例です。
b0186729_1774782.jpg

レーモンド設計による『聖パウロ教会』の外部鐘突き堂の壁にも鉄平石が使われているらしく、
見たかったのですが、時間が足りず・・・残念。

最後に向かったのは、泉校長が設計した住宅を見学。
こちらの住宅では、見事な鉄平石の使われ方の面々。ため息が出るほど、素晴らしい建築でした。
快く見学を了承下さった建主さまには、本当に感謝です。
b0186729_1717367.jpg

次回は、10月23日(土)石黒隆康、山本成一郎の両講師による歴史の勉強。
近代建築「様式的なものとモダンなもの」の探訪です。

(根來宏典)
by iezukuri-school | 2010-09-28 17:25 | 報告 | Comments(0)


NPO法人・家づくりの会が運営する「家づくり学校」の専用ブログです


by iezukuri-school

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

外部リンク

検索

カテゴリ

全体
お知らせ
1年の授業風景
2年の授業風景
3年の授業風景
4年の授業風景
特別構造ゼミの授業風景
イベント
報告
未分類

以前の記事

2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
more...

最新のコメント

管理人iezukuri-..
by タウンライフアフィリエイト運営事務局 at 16:34
突然のご連絡失礼致します..
by タウンライフアフィリエイト運営事務局 at 13:55
第一期、第二期では、八戸..
by iezukuri-school at 17:00
寒い中現場公開に来ていた..
by 藤原昭夫 at 10:43
藤原さんには、新年早々、..
by 小疇友子 at 10:37

記事ランキング

ブログジャンル

スクール・セミナー
建築・プロダクト

画像一覧