人気ブログランキング |

<   2017年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

9期1年生 第3回「環境から考える」

7/23(日)は「環境から考える」講師は半田雅俊先生と設備家の山田浩幸先生です。

前半は山田先生から、1960年代エアコンが普及して以降、住宅を快適にするために機械的な設備を安易「足し算」していく時代が続いていますが、それが本当に快適な住まいなの?という問題定義から始まり、敷地条件をしっかりと読み解くことで熱源にできるだけ頼らない家を実現できる、その取り組みについてお話しいただきました。

b0186729_18524684.jpg

後半は半田先生から、意匠設計者の立場からも感覚的ではなく、具体的な数値やシュミレーションで検討を繰り返し快適な住まいを実現させることを、お話しいただきました。実際に温度を測ること、自分の環境を実験台に工夫をされてきたお話など、興味深く伺いました。

b0186729_18524700.jpg

両先生とも、事例の中で「お隣の敷地にも陽が当たるように、、風通しが取れるように、、」といったところまで配慮された設計をされており、まさに「環境から考える」設計について学ぶことができました。

b0186729_18524768.jpg

質問にも忌憚なくお答えいただき、また懇親会でも皆熱心に質問し、お話を聞き、、、あっという間に時間が過ぎました。

b0186729_18524841.jpg
次回は9月24日(日)「木材から考える」です。


小野育代/小野育代建築設計事務所



by iezukuri-school | 2017-07-28 18:57 | 1年の授業風景 | Comments(0)

第9期2年生 第3回「鉄平石」

b0186729_16491693.jpg

7月15日(土)は、家づくり学校2年生の第3回目『鉄平石』の授業でした。

今回の探訪では、大型バスを借り切り、諏訪の方に行って参りました。
引率講師は泉幸甫先生、現地で案内いただいたのは藤森鉄平石の細田さんです。

諏訪の鉄平石は、およそ2400年前、霧ヶ峰火山の活動により誕生した石。
その活動によって2㎝前後の水平に積み上がった岩石の層を板状節理といい、
さらに3~5m幅で垂直に積み上がった層を柱状節理といいます。

鉄平石は、その節理に沿って層状に剥がれる特徴を持つ輝石安山岩。
山肌に岩の節理が露出している採石場の圧巻な風景をバックに、
細田さんの解説に聞き入ります。

職人さんが、石を薄く割る技を披露してくれました。
節理を見極め、石の小口にノミを打っていきます。
ぐるりと一周するころには、水平にひび割れが浮き出てきて、2枚に剥がれます。
b0186729_16495075.jpg


板状に割り出された石が、そこかしこに積まれています。
サイズも様々、色も様々、小口も様々、表情も様々、、、
ともかく、様々な使い方の可能性を感じる石であります。
b0186729_1650371.jpg


鉄平石の採石場を後にし、向かったのは、鉄平石による石屋根葺き民家。
石質は硬く、耐火性、耐候性、耐重性、耐酸性が高い鉄平石。
そして薄くできる特性を活かし、屋根に葺かれてきた素材でもあります。
b0186729_16501712.jpg


そして最後に訪れたのは、茅野市にある『神長官守矢資料館』。
現代的な建築における鉄平石の使い方を見学。設計は藤森照信氏+内田祥士氏。
屋根には、鉄平石が葺かれています。
b0186729_1650354.jpg


飛び石のように敷かれた鉄平石のアプローチ。
分岐点には、水路を跨ぐブリッジも兼ねて巨大な鉄平石を配置。
その巨大な石と建物の間にも大きな鉄平石が2枚鎮座しておりました。
b0186729_16505515.jpg


鉄平石が他の石と異なるのは、岩石を切り出すのではなく、割り出すこと。
そのため、形、大きさ、厚みという点において、同じものはありません。
工業製品化された建材に慣れた近代的な建設現場では、扱うのが難しい素材かもしれませんが、
そこに手づくり、モノづくりの新たな可能性を感じる素材でありました。

次回9月は『瓦』の探訪、高崎に向かいます。

根來宏典/根來宏典建築研究所
by iezukuri-school | 2017-07-24 17:12 | 2年の授業風景 | Comments(0)

第9期 3年生 第3回「環境」前期

3年生の二つ目のテーマは「環境」の授業です。
講師はstudioA 諸角敬先生です。

最近は、本格的に、住宅にも省エネ、温熱環境の向上が着目されるようになってきました。
制度に翻弄されることなく、、、環境を考える授業です。

b0186729_22012814.jpg

我々を取り巻く「環境」とは、、、
地理から、日本の位置する環境とはどんなものか、
生物の機能や構造。どういきているのか。
と、ちょっと一見建物の話ではないものが、
小さな建物と大きな建物の構造につながっていたりします。

断熱性能、気密性能の重要性とともに、
室内は、温熱環境の数字が良ければよいのか、、、

そして、課題の住宅の紹介。
諸角先生が、何を考えて設計したか。

課題は室内の環境を良くする為にいくつかの開口部にどう手を加えたら良いか。
提案してくださいというお題です。
b0186729_22024438.jpg

今回は、要求される図面等は特にありません。
仕事を取るつもりで、好きなようにプレゼンしてくださいと。

来月は夏休み、タップリ、宿題の時間がありますね〜。

伊澤計画/伊澤淳子


by iezukuri-school | 2017-07-10 22:06 | 3年の授業風景 | Comments(0)


NPO法人・家づくりの会が運営する「家づくり学校」の専用ブログです


by iezukuri-school

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

外部リンク

検索

カテゴリ

全体
お知らせ
1年の授業風景
2年の授業風景
3年の授業風景
4年の授業風景
特別構造ゼミの授業風景
イベント
報告
未分類

以前の記事

2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
more...

最新のコメント

管理人iezukuri-..
by タウンライフアフィリエイト運営事務局 at 16:34
突然のご連絡失礼致します..
by タウンライフアフィリエイト運営事務局 at 13:55
第一期、第二期では、八戸..
by iezukuri-school at 17:00
寒い中現場公開に来ていた..
by 藤原昭夫 at 10:43
藤原さんには、新年早々、..
by 小疇友子 at 10:37

記事ランキング

ブログジャンル

スクール・セミナー
建築・プロダクト

画像一覧