人気ブログランキング |

<   2017年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

第9期2年生 第4回「瓦」

9月16日(土)第4回目「瓦」の授業のレポートです。
講師は徳井正樹先生と屋根舞台という瓦製造、瓦職人のチームの世話人代表、小林保先生です。

今回の授業の出発点は高崎駅。みんなで車を出し合って移動します。


先ず伺ったのが、徳井先生設計の「花扇」。
地域に根差したお花屋さんで、ここでは「離瓦」という瓦を放熱板としてとらえ考え出された新しい工法で屋根は葺かれています。
b0186729_16011725.jpg

その次に伺ったのは、「能瓦」で葺かれた家を見学。この瓦も江戸中期の十能瓦として伝わっていた瓦を現代に合うように復刻されたそうです。
b0186729_16012191.jpg




b0186729_19094145.jpg
その後、徳井先生のご自宅にうつり、ミニ講座。
地球温暖化による夏場の温熱環境の変化に瓦を活用することに至った経緯やご自宅の建設時のお話しや地域の事など、とても内容の濃い講義。
b0186729_19100198.jpg
まだまだ続きます。次は小林先生のご自宅に移り、お昼ご飯のお弁当を食べながら、小林先生のお話しを伺います。
自らも屋根に上り瓦を葺く職人さんとして、設計者に対する考えをお聞き出来ました。
小林先生は屋根舞台というチームを組んで徳井先生と一緒に離瓦や能瓦など創作し甍賞の金賞も受賞され新しいことへチャレンジした時の苦労話や、
職人へ依頼する際の極意など、設計者として為になるお話しを伺いました。
b0186729_19103535.jpg
b0186729_19104870.jpg
群馬県甘楽町は、富岡製糸場と深い繋がりがあり、製糸場を建設する際に必要ととなるレンガ、瓦はほとんど甘楽町で作られたそうです。
だるま窯や、トンネル窯も見学し、最後の締めくくりは、改修中の富岡製糸場へ。
瓦の屋根工事も担当されている小林先生よりレクチャーを受けながらの見学はまた違った見え方のする行程となりました。
b0186729_19110455.jpg
今回の見学で地域で活動する建築家の素材に対する向き合い方、どっぷりと浸かることも必要だと実感いたしました。
福田隆一/福田建築設計事務所

by iezukuri-school | 2017-09-27 19:14 | 2年の授業風景 | Comments(0)

第9期1年生第4回「木材から考える」レポートです。

 建築家は材料を選定する時、その素材の向こう側にあるもの、例えば製造工程がどのような仕組みなのかを理解し、その素材に責任を持つことが大切だと説くところから授業が始まりました。

 「木」という素材で言えば、それは「森」について考え、それらを取り巻く社会環境を理解しておくことが重要であり、その上で木の生物的・物理的特性を活かした家づくりをして欲しいという話をされました。

 また講師自らが設計・監理を行った「わらしべの里共同保育所」を例に、人が木の中で暮らす素晴らしさを説明し、同時にこのような良質な木材を採用するためには机上の設計図書への記載だけでは達成不可能であること、素材の向こう側にある林業を理解し、建築家自らがそのネットワークを構築してゆく程の熱意がなければならないことなどを具体的な事例をもとにお話されました。


 その後、恒例の懇親会へ。「木」の話を交わしながらの楽しいひと時でした。 佐々木善樹

b0186729_13494049.jpg


by iezukuri-school | 2017-09-25 13:55 | 1年の授業風景 | Comments(0)

特別公開講座のお知らせ『松村秀一・ひらかれる建築』

b0186729_06404329.jpg


この公開講座は「NPO法人 家づくりの会」主催の「家づくり学校」が行うものです。家づくりの会は、設立して35年、常に現代における住宅建築家の在り方について模索を続けてきました。

今回の公開講座の講演をお願いしました松村先生の著書ひらかれる建築ー民主化の作法」は現在、建築界で大きな話題を巻き起こしていますが、このような私たち家づくりの会の会員にとっても、大変興味深いものです。さらに私たちだけでなく、これから住宅設計を目指す多くの人たちにとっても、たいへん重要な示唆と、希望を与えるものではないかと思います。そのようなわけで松村先生をお迎えし特別講座を開くことにしました。ぜひ多くの方々に参加して頂ければと思っています。そして講演後の懇親会では松村先生を囲み、今後の住宅を作る世界についていろいろとお話を伺えたらと思っています。お待ちしています。

家づくり学校校長 泉幸甫



■日時:2017年10月15日(日)15:00〜(14:30受付開始)

   15:00〜17:00 第一部:「ひらかれる建築」
   17:00〜18:00 第二部:「質疑応答」
   18:00〜 懇親会(別会場にて)

■会場:工学院大学・新宿キャンパス(高層棟6階B-0663教室)
    東京都新宿区西新宿1-24-2

■参加費:1500円(一般)、1000円(学生

■定員:先着120名

■主催:NPO法人 家づくりの会 家づくり学校事務局
    東京都千代田区三番町20-2 三番町パークライフ104号
    TEL:03-6261-2185
   
■申込み方法:下記サイトの申し込みフォームよりお申し込み下さい。


■申込み締切日:10月13日(金)(※ただし懇親会参加の申し込みは10月5日まで)


by iezukuri-school | 2017-09-24 06:44 | イベント | Comments(0)

第9期 3年生 第4回「環境」後期

さて、夏休みを終えて、3年生の授業は「環境」後期の授業です。
担当は前期に引き続きsutudioA 諸角敬先生です。

課題は8年前に建てられたある住宅の温熱環境を考えた改修案を作る事です。
先ずは、この家について、、、
どう、日差しがはいるか?
どう、風がぬけるか?暑い?寒い?
改修の場合、住まい手は日々の生活の中で暑さ寒さを体感しています。
何が問題かを正確に分析することがまず、重要です。

それをふまえて、
学生は外皮計算をし、改修案で目に見えるよう断熱性能の向上を提示したり、
増築し、プラスの機能を加えて空間の提案したり、
空調の提案をしたり、
答えは一つではありません。

そして、色々組み合わせて考える事。
b0186729_13572598.jpg
授業後は懇親会、
住宅設計のこと、温熱環境のこと、課題のことを話しながら、
課題発表を終えてスッキリした気持ちで飲めたようです。

来月はリノベーションの授業です。



by iezukuri-school | 2017-09-11 14:05 | 3年の授業風景 | Comments(0)

9期・4年生の中間発表

先日、9月2日(土)に、家づくりの会の市ヶ谷ギャラリーにて、4年生の中間発表を行いました。
発表時間7分+質疑応答7分、予備1分という想定で進めました。
b0186729_14501181.jpg
これまでのプロセスを紹介したり、プランの特徴、自分は何をやりたかったのか、、、、、。
などなど、なかなか7分では話せません、、、、、。
b0186729_14500496.jpg
予定の時間はオーバーしましたが、様々な案と考え方を見ることが出来て、たいへん有意義な時間だったと思います。
ここから後半戦、2月10日の最終発表会に向けて、各スタジオで様々な授業が繰り広げられるでしょう、、、。

楽しみにしています。


BUILTLOGIC・石黒隆康(写真は根來さんより拝借しました)


























by iezukuri-school | 2017-09-04 14:57 | 4年の授業風景 | Comments(0)


NPO法人・家づくりの会が運営する「家づくり学校」の専用ブログです


by iezukuri-school

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

外部リンク

検索

カテゴリ

全体
お知らせ
1年の授業風景
2年の授業風景
3年の授業風景
4年の授業風景
特別構造ゼミの授業風景
イベント
報告
未分類

以前の記事

2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
more...

最新のコメント

管理人iezukuri-..
by タウンライフアフィリエイト運営事務局 at 16:34
突然のご連絡失礼致します..
by タウンライフアフィリエイト運営事務局 at 13:55
第一期、第二期では、八戸..
by iezukuri-school at 17:00
寒い中現場公開に来ていた..
by 藤原昭夫 at 10:43
藤原さんには、新年早々、..
by 小疇友子 at 10:37

記事ランキング

ブログジャンル

スクール・セミナー
建築・プロダクト

画像一覧