人気ブログランキング |

<   2019年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

第11期4年生第1回

4年生第1回の授業が5月11日(土)に行われました。今年は3スタジオ(泉スタジオ・川口スタジオ・高野スタジオ)体制で行われます。テーマは「集まって住む家・玄関のない家」です。この日は設計課題となる計画地を皆で見学し、そのあと市ヶ谷の家づくりの会事務局に戻り課題の説明及び各スタジオ毎に分かれてのガイダンスが行われました。
 受講生の皆さん、今年1年頑張ってください!

泉スタジオ :泉幸甫先生
川口スタジオ:川口道正先生
高野スタジオ:高野保光先生
課題出題  :古川泰司先生                 担当:佐々木善樹
b0186729_11454836.jpg
b0186729_11460116.jpg

by iezukuri-school | 2019-05-28 11:48 | 4年の授業風景 | Comments(0)

第11期2年生 第1回「素材」

b0186729_12523149.jpg
第11期2年生 第1回「素材」

2年生の初回の授業が5月18日(土)に行われました。
講師は家づくり学校の校長でもある泉幸甫先生です。
2年生の授業は素材を訪ね歩く授業内容となっているのですが、初回はなぜ素材を訪ね歩くのか、その道しるべ・心がまえとなるような授業内容です。
住宅についての生産論・計画論から、伝統的手法・現代的手法の違い、近代化や工業化によりその中で失ってしまうもの・得られるもの、その状況の中でどのように設計者として素材とどう向き合うべきか、どのような視点を持つべきか、とても考えさせられる授業でした。

福田隆一/福田建築設計事務所

by iezukuri-school | 2019-05-25 12:54 | 2年の授業風景 | Comments(0)

第11期1年生 第一回「住宅設計とは」

第11期 1年生がスタートしました。

今期もいろいろな世代の方が、様々な土地から通われます。


b0186729_21532916.jpg

第一回目の講義は「住宅設計とは」。住宅設計を取り巻く世界と、それに関連したコミュニケーションや設計を進めるための具体的なスケジュール感など、、、泉幸甫校長石黒隆康先生根來宏典先生が講義されました。はじめは緊張されていた皆さんも、講師の先生方の気さくな人柄に触れて、途中からは少しリラックスして講義に臨めた様です。


b0186729_21532933.jpg
b0186729_22131758.jpg

b0186729_21532887.jpg

我々が目指したい設計は簡単には会得できませんが、1年間、共に頑張っていきましょう。

そして、講義のあとは懇親会を行い、講師の先生方とも学生さん同士も皆和気藹々とした時間を過ごしました。


次回は6月23日(日)「構法から考える」です。

場所は、フランク・ロイド・ライト設計の自由学園明日館です。


小野育代/小野育代建築設計事務所


お知らせ

・学校は開講していますが、若干席に余裕があるため、5月31日まで募集期間を延長しております。

  → 応募方法はこちらから

・建築知識に「超実践!家づくり学校」を連載中です。こちらでも学校の様子も垣間見れます。






by iezukuri-school | 2019-05-22 22:17 | 1年の授業風景 | Comments(0)

第11期3年生 第1回目「住まいの平面計画(前期)」

b0186729_13072188.jpg
第11期家づくり学校が始まりました。5月12日(日)は、家づくり学校3年生『住まいの平面計画(前期)』の授業。講師は家づくりの会の半田雅俊先生。講義と課題提出の前半と、その講評と指導の後半との2回1組の授業。今回はその前半。住まいの変遷を時代ごとに捉え、その進歩のプロセスを分かりやすく解きほぐしてくれました。

まずは日本の町屋や中産階級における住まいの変遷を辿っていきます。明治、大正、昭和(戦前)、昭和(戦後直後)、昭和(戦後)ごとに特徴が見られます。その変化の様相は急激であり、当然それらには理由が伴うはず。技術的なことだけでなく、社会的な要因から考えることも大切です。

近代住宅の先駆者であるフランク・ロイド・ライトにおける平面計画の変遷も解説。半田先生自身は、ライトの弟子である遠藤楽さんの事務所で修行し、またライトがつくった学校『タリアセン』にも留学しており、ライトの建築哲学を深く享受しています。さらに日本における近代住宅の先駆者である藤井厚二、前川國男、清家清、増沢洵、広瀬鎌二、吉村順三、宮脇檀、益子義弘らの平面計画について受講生とともにディスカッションし、その良いところ、良くないところ、その理由を考えていきました。

半田先生曰く「本質は何か」を考えることが大切と言います。その中には、変わるもの、変わらないものあり、何故そうなのか、、、そのためには歴史から学ぶことは大切なことだと思います。最後に、ライトより「弟子への手紙」を紹介してくれました。『自分が生きている時代の生活を理解する。新しい形を探すことが建築家の仕事。私たちは新しい時代に生き、生活しているのだから』と。

根來宏典/根來宏典建築研究所

by iezukuri-school | 2019-05-14 13:12 | 3年の授業風景 | Comments(0)


NPO法人・家づくりの会が運営する「家づくり学校」の専用ブログです


by iezukuri-school

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

外部リンク

検索

カテゴリ

全体
お知らせ
1年の授業風景
2年の授業風景
3年の授業風景
4年の授業風景
特別構造ゼミの授業風景
イベント
報告
未分類

以前の記事

2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
more...

最新のコメント

管理人iezukuri-..
by タウンライフアフィリエイト運営事務局 at 16:34
突然のご連絡失礼致します..
by タウンライフアフィリエイト運営事務局 at 13:55
第一期、第二期では、八戸..
by iezukuri-school at 17:00
寒い中現場公開に来ていた..
by 藤原昭夫 at 10:43
藤原さんには、新年早々、..
by 小疇友子 at 10:37

記事ランキング

ブログジャンル

スクール・セミナー
建築・プロダクト

画像一覧