人気ブログランキング |

<   2019年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

特別公開講座

b0186729_11364771.jpg

8月25日(日)は、大阪の三澤文子さんをお招きし、特別公開講座が開かれました。定員を遥かに超過。公開講座ということで、家づくり学校の受講生以外の参加者も多かったように思います。講座のお知らせは、コチラ≫

テーマは『建築家のなすべき仕事~三澤文子、自分を語る』。これは学校側から要望したものなのですが、三澤さんは気に入らなかったのかもしれません。それが反って良かったようにも思います。何故かと言いますと、三澤さん自身は、これまでの建築家もしくは建築家教育に疑問を抱きつつ、その疑問と対峙し、実践の中で自己を確立してきた方だからです。その疑問へと至る過程、それを乗り越えるための実践方法を語るため、建築の設計を志したところから紐解きつつ、三澤さんが常々考えている日本の「建築家」という存在について、ご自身のスタンスの表明が聞けたように思います。

b0186729_11371711.jpg

講演の後は、家づくり学校の受講生を代表した4名にも登壇いただき、三澤さんに質問をぶつける時間。質問に対する回答が実践的ゆえ明解、本音ゆえ厳しさと優しさが交じり、身に沁みいる思い。質問者のみならず、聴講された参加者の皆さんにとって、その先にある一筋の光が垣間見えるお話だったように思います。ありがとうございました。


根來宏典/根來宏典建築研究所


by iezukuri-school | 2019-08-27 13:20 | 報告 | Comments(0)

第11期3年生 第?回目 「形態(補講)」

毎年、8月の家づくり学校は授業はないのですが、
3年生のみ形態の「補講」があります。講師は引続き泉校長。
形態2回目は前回の宿題、平屋、2階建てそれぞれ50種類、
計100種の屋根を発表するというもの。
また、その中で、自分の面白いと思ったものを模型にしてきたものを発表します。
この課題、おそらく6期の3年生くらいから始まったと思うのですが、
面白い事に、見た事も無いような「新たな屋根」が出てきます。
そして、得意、不得意が明確にあるのですが、不得意な人も100種の訓練で少しずつ思考回路が開かれていくようです。
伏せ図を書く際に大事なのは屋根の勾配をきちんと表現すること。
特に、二つの図形を噛み合わせた場合の接合部がポイントです。
今年は中庭を設ける「くりぬき派」やアアルトのセイナッツアロを参考に!?「めくり派」が誕生。
宿題はその屋根を使っての課題です。
懇親会でも、人間関係の中間領域の話題で盛上がりました。
b0186729_14494303.jpg
伊澤計画/伊澤淳子


by iezukuri-school | 2019-08-22 14:52 | 3年の授業風景 | Comments(0)


NPO法人・家づくりの会が運営する「家づくり学校」の専用ブログです


by iezukuri-school

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

外部リンク

検索

カテゴリ

全体
お知らせ
1年の授業風景
2年の授業風景
3年の授業風景
4年の授業風景
特別構造ゼミの授業風景
イベント
報告
未分類

以前の記事

2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
more...

最新のコメント

管理人iezukuri-..
by タウンライフアフィリエイト運営事務局 at 16:34
突然のご連絡失礼致します..
by タウンライフアフィリエイト運営事務局 at 13:55
第一期、第二期では、八戸..
by iezukuri-school at 17:00
寒い中現場公開に来ていた..
by 藤原昭夫 at 10:43
藤原さんには、新年早々、..
by 小疇友子 at 10:37

記事ランキング

ブログジャンル

スクール・セミナー
建築・プロダクト

画像一覧